今まで非常に強かった差し馬をランキング形式で発表!

競馬 脚質

差し馬の中でいくつか強い競走馬がそれぞれ存在しています。
差し馬としての競走馬をしっかりと見つけると、馬券の勝率がそのまま上がります。

そこら辺は過去に差し馬としてレースを行った名馬を探索すれば、自然と現在差し馬としてレースに挑んでいる穴馬をしっかり詮索することができます。

・人気差し馬ランキング10選ご紹介!

今回は、非常に強かった差し馬をランキング形式で発表していきます。

人気差し馬ランキング6選ご紹介!

人気差し馬ランキングは、以下の通りです。

・ディープインパクト
・オルフェーヴル
・ウオッカ
・ドゥラメンテ
・ロードカナロア
・トゥザヴィクトリー

これらのことについて詳しく説明いたします。

1位 ディープインパクト

ディープインパクトは競馬ファンじゃなくても知っている有名な競走馬です。

ディープインパクトは日本競馬の長い歴史を一気に変えたすごい競走馬です。
また、クラシック三冠馬もあります。

基本的にディープインパクトは、最初の出だしラッシュがあまりうまくないことやトモの入り方がそんなに良くないことなどが原因で、スタート時はいつも後ろから追いかけるスタイルでした。

しかし、途中で一気に駆け上がっていくその脚力と、最後の直線距離を一気に突き抜けていくその素晴らしいスピード力は圧倒的なものがありました。

さらに、引退後も種牡馬として活躍している存在として有名です。

ディープインパクトの子供は、成績の高い功績をそれぞれ残しております。
これからも、この血筋が高い功績と謳える存在としてずっと光輝いてくれるでしょう。

2位 オルフェーヴル

オルフェーヴルは東日本大震災のちょうどその年に、クラシック三冠を見事に制覇した非常に貴重な存在です。

翌年の凱旋門賞のレースにも出馬。
日本馬最先着の2着に見事に着きました。

その後は、G1レースをなんと6勝も勝ち取り、その他にもさまざまな競馬レースをいくどとなく優勝を勝ち取りました。

オルフェーヴルは、基本的に気性の激しい性格を持っております。
4歳初戦の阪神大賞典では、2周目の3コーナーで外ラチに向い、逸走してしまうシーンがありました。

また、オルフェーヴルの産駒が競馬レースにて今でも活躍の場を見せています。
だが、この競走馬の気性の激しさも見事に引き継いでおります。

なので、それぞれ個性的な性格を持った競走馬が多く出馬しております。

3位 ウオッカ

牝馬として64年ぶりに勝利に導いた、日本ダービーをプラスするG17勝を果たした競走馬です。

ダイワスカーレットとワンツーフィニッシュの決着戦が合計で3回もありました。
その時、非常に強いとされていた牝馬が、このレースの盛り上がりに参戦してくれました。

引退後はこの馬主の希望によって、繁殖牡馬としてのサンデーサイレンス系の系統が混合されないように実施されています。

それが原因か、タニノフランケルという競走馬以外の馬はそんなにレースで活躍の場を見せていない現状ではありましたが、これらの競走馬がそのまま繁殖牡馬として活躍し、このサンデーサイレンス系の競走馬の血が混ざった子供が出来た時にその能力をレースにて発揮しています。

なので、レースにてその時は弱い競走馬だったとしてもこの系統がずっと続いている限り、強い競走馬にいつか恵まれる日が来るでしょう。

4位 ドゥラメンテ

これは母親馬がアドマイヤグルーヴという事もあったので、ドゥラメンテはデビュー間もない頃、多くの競馬ファンに熱い注目を浴びせさせました。

その期待通り、皐月賞や日本ダービーなどのレースで勝利に導き、見事二冠を達成いたしました。
しかし、この後に9ヶ月間のお休みをとってしまいます。
ドゥラメンテが4歳になった頃、ようやく復帰の兆しが見えました。

復帰後、初の中山記念は見事を勝利に導きましたが、その後のドバイシーマクラシックと宝塚記念でのG12戦では、どっちも2着という順位に落ちてしまっています。

G1は2勝でそのまま終わりましたが、レースの最終直線距離の時非常に躍動感のある力強い走りを見せつけ、多くの競馬ファンの心に強く刻み込みました。

ドゥラメンテの産駒は、2020年からデビューを果たしています。
この競走馬もさまざまな競馬ファンに多くの期待を寄せつけております。

5位 ロードカナロア

ロードカナロアは3歳の時に、秋に始まった京阪杯に勝利を収め、初の受賞制覇を試みました。
そして、それを本格的におこなったのは4歳の秋。

スプリンターズステークスを2番人気で制した後、香港スプリットにも挑戦します。
このレースは日本の競走馬ではなかなか勝つことができないレースでしたが、ロードカナロアはそれを見事に制覇して、日本競馬界でこのレースを初めて制することができました。

さらに、その次の年もロードカナロアの勢いは止まりません。
春には高松宮記念と安田記念、秋にはスプリンターズステークスと香港スプリント、両方とも見事に レースにて勝利に導くという快挙を成し遂げています。

日本競走馬で初の短距離でのレースにて競馬界の歴史を変えてくれたのは、ロードカナロアのみ。
しかも、種牡馬になった今でもその活躍の場を広くみせています。

なんと、現在はポストディープインパクトなどの異名を掲げ、レースにて大きく活躍している産駒が どんどんと出馬しています。

6位 トゥザヴィクトリー

トゥザヴィクトリーは、多くの競馬ファンを魅了させた所があります。
それは2001年に開催された、エリザベス女王杯のことでした。

トゥザヴィクトリーは今まで逃げの姿勢もしくは、先行の姿勢でレースに挑んでました。
しかし、このレースで武豊騎手がハイペースだと予想し、トゥザヴィクトリーを差し馬としてこのレースに挑みました。

なので、レース開始後最初は後方の場所にトゥザヴィクトリーをおきました。
そして、そのままその作戦が続き、前半1000mが58秒5のハイペースでレースが行われていきます。

展開をしっかりと読んだトゥザヴィクトリーは、上がり3ハロン33秒9を見事に繰り出しました。
そして、競走馬初のG1のタイトルを見事に制覇しました。

実はこの競走馬が差し馬としてレースに挑んだのは、この時のレースのみです。
武豊騎手の素晴らしい作戦を見事に成功した競走馬として、今もなお多くの競馬ファンに語り継がれています。

まとめ

今回は、非常に強かった差し馬をランキング形式で発表していきました。

ディープインパクトは日本競馬の長い歴史を一気に変えたすごい競走馬です。
また、クラシック三冠馬もあります。

基本的にディープインパクトは、最初の出だしラッシュがあまりうまくないことやトモの入り方がそんなに良くないことなどが原因で、スタート時はいつも後ろから追いかけるスタイルでした。

しかし、途中で一気に駆け上がっていくその脚力と、最後の直線距離を一気に突き抜けていくその素晴らしいスピード力は圧倒的なものがあります。

オルフェーヴルは東日本大震災のちょうどその年に、クラシック三冠を見事に制覇した非常に貴重な存在です。

翌年の凱旋門賞のレースにも出馬。
日本馬最先着の2着に見事に着きました。

その後は、G1レースをなんと6勝も勝ち取り、その他にもさまざまな競馬レースをいくどとなく優勝を勝ち取りました。

ウオッカは牝馬として64年ぶりに勝利に導いた、日本ダービーをプラスするG17勝を果たした競走馬です。

ダイワスカーレットとワンツーフィニッシュの決着戦が合計で3回もありました。
その時、非常に強いとされていた牝馬が、このレースの盛り上がりに参戦してくれました。

引退後はこの馬主の希望によって、繁殖牡馬としてのサンデーサイレンス系の系統が混合されないように実施されています。

その他にも、素晴らしい名馬が揃いに揃っています。
差し馬で非常に優れたものが過去にたくさん存在しています。
興味のある方はぜひ自分で調べてみてはいかがでしょうか?